【おすすめパーソナルジム】ライザップのトレーナーはとても優秀です

「ライザップのトレーナーってマッチョな体型をしたゴツい人かなぁ?」

「バリバリ体育会系のメチャクチャ厳しい人かなぁ?」


ライザップに入会する前は、トレーナーがどんな感じの人なのか気になると思います。

このページでは、

「ライザップのトレーナーはどのような人たちで、どんなことをしてくれるのか。」


「ライザップのトレーナーは他のプライベートジムのトレーナーと比べて何が違うのか。」

そんな疑問について解説していきたいと思います。

ライザップのトレーナーはどのようなことをしてくれるの? 他のジムトレーナーとは何が違う?

メンタル面をサポートしてくれる

ライザップのトレーナーは、ゲスト(※ライザップでは顧客のことをゲストと呼びます)のモチベーションを上げながら、トレーニングを継続できるようメンタル面でサポートしてくれます。これは他のパーソナルジムのトレーナーとの決定的な違いです。


例えば、私が停滞期に陥っているとき、トレーナーは、

トレーナー
トレーナー

停滞期はみんなに訪れるものなのでまったく心配しなくて大丈夫ですよ。


これを超えたらスムーズに体重が減っていくので、一緒に耐えていきましょう!

と叱咤激励してくれました。

一人でダイエットしていると、間違いなくこの段階で挫折してしまうと思うのですが、トレーナーという支えがあったからこそ乗り越えられた部分はあると思います。

また、マンツーマンでトレーニングしている時には、

トレーナー
トレーナー

あともう一回!いける!頑張れ!


スゴイですね!さすがですね!やればできますね!

と、毎回声をかけてくれました。

文字にすると、オーバーでわざと言っているような感じがしますが、トレーニング中に「もう無理。。」ってなった時にこういう言葉をかけられると本当に頑張れますし、やり切ってよかったという気持ちになります。

このほかにも「今日はしんどいから休みたいな」と思った時、トレーナーからメールが来て「あともう少し頑張れば、5キロの減量に成功します。今日も一緒に頑張りましょうね!」と励ましてくれました。

また、最初のころ甘い物を食べてしまったことを正直に告白したら、「報告してくれてありがとうございます!そういう時もあります。また、明日から気を引き締めていきましょう!」と大きい心で包んでくれました。

いつも励まされていると、応援してくれるトレーナーを裏切るわけにはいかないなという気持ちが出てきて、「もっとトレーニングを頑張ろう」「食事に気をつけるようにしよう」という気持ちになり、結果的に自分の成功に結びついていきました。

トレーナーとは、目標達成のためのパートナーのような存在に自然となっていたんですね。いくら正しい方法でダイエットを行っても、続けることができなければダイエットは成功しません。


痩せるためには筋トレしたり食事制限したりと、今までやってこなかったことを続けなければいけません。一人で行っていると、「まぁいいや」「また今度にしよう」と、つい自分に甘くなってしまい、都合のいい自己弁護をして自分を正当化することもあります。


でも、そんな時に「今の頑張りが未来の体を作る!」という気持ちをもってゲキを飛ばしてくれたり、辛い時には励ましてくれたりするトレーナーがいてくれればダイエットを続けることができます。正しい方法を続けることさえできれば、誰でも必ず痩せることができるのです。

トレーニングをサポートしてくれる

週2回、完全個室のマンツーマンで行われるトレーニング。ライザップのトレーナーはゲスト一人ひとりに合った筋トレメニューを組み立ててくれます。


メニューを組み立てる際に使用されるのが、ライザップに通った8万人分ものゲストのデータ。ライザップのトレーナーは、どんな運動をすればより効果が得られるのか、膨大なデータから導き出し、最適なパーソナルプランを作成してくれます。


私は初回のトレーニングの時、どんなプランをトレーナーが作成してくれるのか楽しみにしていました。「ダイエットには有酸素運動がいいはずだからランニングマシンでジョギングでもするのかな」、そんなふうに思っていました。


でも、実際にやったのはスクワットやベンチプレスなどの筋力トレーニング。しかも追い込まれ方が半端じゃありません。筋トレなんか男性がやるもので私には無縁だと思っていたぐらいなので、これまで本格的な筋トレをしたことは一度もありませんでしたが、トレーナーが正しいフォームを指導してくれたおかげで、ヒィヒィ言いながらもしっかり行うことができました。

筋トレを正しいフォームで行うことはとても重要です。正しいフォームで行わないと、スリムになるための筋肉を鍛えることができないばかりか、怪我をすることにもつながります。


ライザップのトレーナーは、ゲストに正しいフォームを身につけてもらために実演しながら解説してくれます。ゲストが行っている際には、横にピッタリついて、フォームが間違っていたら指摘して正してくれます。


トレーニングで大切なことは量より質です。負荷が少ない筋トレをどれだけ行っても筋力はアップしません。


筋トレで限界を超えた負荷をかけると、筋繊維が破壊され、修復する時により強く回復します。それにより筋肉がついていくのです。


これはライザップが週2回しかトレーニングを行わない事とも関係していて、筋肉を効率的につけるためには一度破壊された筋肉を回復させる時間を作らないといけません。これを「超回復」というのですが、筋肉の修復には24時間~48時間必要といわれています。


なのでライザップでは、トレーニングをした後は最低2日開けてから、次のトレーニングに臨むという形になっているのです。「ライザップは週2回しかトレーニングしないけど本当にそれで痩せれるの?」と思われる方も多いと思いますが、ちゃんと科学的根拠をあってやっているんですね。


トレーニングでは、トレーナーがゲストの体をチェックして、6~12回で限界を迎えるように重さを調整してくれます。そして限界だと思った所から更にプラス3回、トレーナーが補助してくれながら、顔をひん曲げ耐えていきます。


筋肉をより破壊させるためには、この限界を超えたあとの3回がとても重要で、トレーナーがサポートあってこそできる事なのです。「筋肉の破壊」とか「限界を超える」とか、ライザップのトレーニングってすごくきついんじゃないの?と怖くなった方もいるかもしれません。


たしかにトレーニングはかなり追い込みますし、最初のころは筋肉痛がひどい日もあります。ただそれよりも、トレーナーと共にやり切った達成感や、少しづつ痩せていっているという実感のほうが圧倒的に勝るので、「トレーニングがきついからもうやりたくない」というふうに思う事は、ほとんどないと思います。


ちなみに、「筋肉、筋肉と言っているけどライザップに通ったらマッチョになってしまうのでは?」と思っている方もいらっしゃると思います。安心してください。


女性の場合、アスリート並みに追い込んだトレーニングをしないかぎり筋肉ムキムキになることは絶対ありません。私はライザップのセッションを終え、ボディマネジメントプログラムで引き続きトレーニングをしていますが、外見から筋肉がついているようには全く見えません。


筋肉が見えてくるのは、綺麗に痩せた後の次のステップになる「ボディメイク」のトレーニングで追いこんでからになるので、筋肉のことは心配しなくて大丈夫です。痩せるための基礎代謝を上げるには筋肉が必要不可欠なので、ライザップのトレーニングで見えない筋肉をどんどんつけていってください。

トレーナーが食事管理をしてくれる

トレーニングと同じくらい大切なのが食事制限。

ライザップの食事制限は「糖質制限食」と言って、ご飯やパン、麺類など、糖質の多い主食をカットするもの。ライザップに入会すると食事ガイドラインが渡され、その中には糖質の多い食材、少ない食材を示す表が載っています。

【パーソナルジム】ライザップのダイエットとは思えない食事制限とは

ゲストは朝昼晩の食事の内容を、専用アプリの「RIZAP touch」を使ってトレーナーに報告します。「RIZAP touch」はライザップに入会するとダウンロードできるようになります。


RIZAP touchでは、一日の食べていい量や食べた栄養素がわかるようになっていて、食事内容を入力するだけで、トレーナーと共有できる仕組みになっています。

アプリの操作になれないうちは正直めんどくさいなぁと思っていましたが、トレーナーが上の画像のようなコメントを毎日丁寧に送ってくれたので、「私もしっかりやらなきゃ。」という気持ちに少しづつ変わっていきました。


しかも私の担当トレーナーは、仕事がお休みの日も欠かさずコメントを送ってくれていました。自分のプライベートの時間までゲストの事を考えてくれるなんて、他のジムでは考えられない事だと思います。

ライザップのトレーナーはどんな想いでゲストと接しているの?

ゲストの自己実現を叶えたいと本気で思っている

ライザップのトレーナーはどんな思いでゲストに接しているのでしょうか?当然ですが、ゲストは痩せる事を第一の目的にライザップに通うので、その目標を達成させるためにゲストに接しています。


でも、ただ痩せてほしいと思っているわけではないところがライザップのトレーナー。そもそもライザップは、ただ単に痩せるだけの場所ではないのです。


「痩せた後に何がしたいのか?」「ボディメイクを達成した後に何がしたいのか?」という、その先の目標を明確にし自己実現してほしいと思っているのです。「5キロ痩せる」「10キロ痩せる」という数字だけの目標を立てても、モチベーションを維持させるのはなかなか難しいです。


でも、

  • スリムになったら湘南にくりだしてビキニを着る
  • 痩せたらかっこいい彼氏を作るために積極的になる
  • 首回りと腕がほそくなったらオフショルダーを着る

といった明確な未来の目標があればモチベーションもあがります。そういったダイエットの先にある未来を明確にして、その目標の手助けをしたいとトレーナーは思ってくれています。


そして、ゲストの人生を変えてあげたいと本気で思っているのです。ライザップでダイエットに成功して、キラキラ輝いていくゲストは本当に多いそうですね。ライザップのテレビCMや公式サイトに掲載されているビフォーアフターの写真をみても一目瞭然です。

最初、自信がなくて顔を隠すような髪型をしていた人が、髪を後ろに結ぶようになって、お化粧が変わっていく。着る服も変わって、発言する言葉も変わっていく。自信がみなぎってきて、すべての事を前向きにとらえられるようになる。このような感じで人生が激変する人が本当に多いそうです。


私も「キラキラ輝けるようになった」とまではいきませんが、ママ友に久しぶりに会った時や、帰省して学生時代の友達にあった時は、「なんか綺麗になったね~」とよく言われるようになりました。「綺麗になった」はお世辞だとしても、わざわざそうやって声をかけてくれるということは、第三者から見て以前とは明らかに変わったという印象を持たれているのだと思います。


ライザップのトレーナーは人を喜ばせることが好きな人たちです。人の喜びが自分の喜びと思える人たちです。そのため、ゲストの人生を変え、笑顔を増やし、人生を輝かせたいという気持ちを持っています。それが、自分の喜びでもあるし、ライザップのトレーナーの仕事でもあるのです。

ライザップのトレーナーの採用基準はどんなもの?

ライザップのトレーナーの月間応募者数は、毎月1,000人以上にのぼるそうです。これだけ応募者が多いのは、ライザップが結果を出し続け、ゲストと深く関わることができるという点に魅力を感じている人が多いからだと思います。


しかし、採用されるのは月間平均35人、採用率はわずか「3.2%」というものすごく狭き門になっています。どれだけ専門知識やトレーナーの経験があったとしても、不採用になることもしばしば。


ライザップのトレーナーの募集広告には、

  • 人に喜んでもらうのが好きな人
  • 人と話をするのが好きな人
  • トレーナー未経験者OK

とあります。

そして必ずされる質問は「最近、人を喜ばせたことがありますか?」ということ。トレーナーの採用で最も重視されるのは心の部分です。ゲストに喜んでほしい、もっと健康になってほしい、笑顔になってほしい、そんな風に思える人がライザップのトレーナーとして採用されます。ライザップの採用で最も重視されているのは人間性なのです。

ライザップはコミュニケーション能力を重視

ライザップのトレーナーは人と接することが仕事なので、コミュニケーション能力も重視されます。ライザップのトレーナーは週2回のトレーニングの時間だけでなく、朝昼晩とメールやアプリを使ってゲストの食事を指導。


ゲストとたくさんの時間を共有するため、信頼関係を作るコミュニケーション能力は欠かせません。ライザップのトレーナーの中で、ジムトレーナーの経験者は半分以下なのだそうです。トレーナー未経験といっても、体育系の学科で学んでいたり、何らかの形でスポーツと関わりのある人が多いそうです。


トレーナー未経験者には営業職や販売職、ブライダル関係など、人と接する仕事をしてきた人が多く、人を喜ばせることが好きな方ばかりなのです。

ライザップの充実した研修で優秀なトレーナーに育て上げる

ライザップのトレーナーはとても優秀です。採用率「3.2%」の難関を突破した人だけがトレーナーになるのですから、元々優秀な人たちですが、実はライザップのトレーナー教育にその秘訣があります。


ライザップは優秀なトレーナーを育て上げるために、教育に大きな投資をしています。ライザップの研修拠点となっているのが「ライザップアカデミー」。

採用されたトレーナーはライザップアカデミーで21日間に渡る研修を受けます。トレーニングや食事の知識だけではなく、メンタルケアや生理学、救命救急といった知識まで、ゲストに寄り添ったトレーナーになるために、ありとあらゆる知識を徹底的に学びます。


研修の前半では、解剖学やバイオメカニクスなど、トレーニングに関する知識を学びつつ、同時にマシンを使ってトレーニングを行います。みんな早い時間にやってきて自主練したり、終わった後には復習したりしているのだとか。


ライザップのトレーナーになるのはとても大変なことなのですね。研修の後半では、お手本の練習、補助の練習など、具体的な実技の研修を行います。


実技においては安全管理が徹底指導されます。完全個室のマンツーマントレーニングでは、ゲストの安全を管理できるのはトレーナーだけだからです。

さらに、専門家による接遇研修も行われ、言葉遣いや電話の出方、メールの仕方などを学びます。だから、ライザップのトレーナーはいつも丁寧で気持ちのよい応対をしてくれるのですね。


研修中は週2日休みがありますが、トレーナーたちは休みの日に自主練をしたり復習をしたりします。優秀なトレーナーになるために猛烈に勉強していくのですね。研修期間中、トレーナーは自らも低糖質食を体験します。


毎日、体重や体脂肪率を測り、何を食べたか、どのような気持ちになったかなどを記録していきます。体が変わっていき、気持ちも前向きになることなどを自ら体験します。そうすることで、「私も最初はきつかったけれど、だんだん体が慣れていきますよ。」「頑張って続けていると本当に痩せていきますよ。」など、ゲストが低糖質食に取り組む際、実体験に基づいた説得力のあるアドバイスができるのです。


研修後は模擬セッションを行ってテストが行われます。テストに合格できない人は、店舗に配属されることはありません。再度研修を受け直し、何度もテストを受けることになります。


テストに合格すると、店舗でOJT研修が行われます。このように長い努力を続けた選ばれし者だけが、ライザップのトレーナーになることができるのです。

ライザップのトレーナーと専門家による完璧なサポート体制

従来のジムではトレーナーはトレーニングのみを指導するものでしたが、ライザップでは担当トレーナーをリーダーとして、管理栄養士、カウンセラー、医師の専門家を加えた体制でゲストをサポートしてくれます。

トレーニングについての疑問や不安は、トレーナーにだけでなくいつでも専門家に相談できるのでとても安心できます。ライザップにはお客様相談室があって、月曜日から金曜日(祝休日は除く)まで、9:30~20:30の間、電話で相談することができるので問題があればすぐに解決できます。


それぞれどのようなサポートをしてくれるのか詳しく解説してみます。

トレーナーによる毎日のサポート

担当トレーナーは、RIZAP touchやトレーニング中に細かいアドバイスをしてくれながらサポートしてくれます。私は、気になることがあったらトレーニングを行う前に質問しまくっていたのですが、すべての質問に対して納得する形で答えてくれました。もちろんメールで質問しても大丈夫です。


よほど専門的な内容でないかぎり、担当トレーナーに相談すればほぼ解決してくれると思います。

管理栄養士による食事サポート

ライザップでは、事の専門家である管理栄養士にも相談できます。例えば、外食で何を食べたらいいか困ったときや、お酒を飲まないといけないけどどうしたらいいかなど、電話やメールでサポートしてくれます。


ライザップの管理栄養士は、ゲストが効率的に体脂肪を落とし、筋肉は落とさないような食事プログラムを考え提供してくれている部署でもあります。一人ひとりの嗜好に合った食べ方を提案し、健康的に痩せていけるように陰ながらサポートをしてくれています。

提携医師によるサポート

ライザップは100以上の医療機関と提携していて、入会時に必要であれば提携している医療機関を受診することができます。ライザップは開業当初から安全にプログラムを運営していくため、医療機関に助言をもらう仕組みを確立しています。


体に痛みが生じたときなどはトレーナーが医師に相談してくれます。体調がすぐれないなど、困ったときは医師に相談できるので、安心してトレーニングに励むことができます。ここまで安全安心に気を配っているプライベートジムはライザップだけです。

カウンセラーによるサポート

初回カウンセリング、中間カウンセリングでは、カウンセラーと直接話をすることができます。ダイエットやトレーニングに関する不安、生活に関する悩みまで、専門のカウンセラーがメンタル面をサポートしてくれます。


担当トレーナーに言いにくい事や、ちょっとした不満がある場合でも、気持ちよくトレーニングできるようゲストに寄り添って解決に導いてくれます。トレーナーとの相性が合わず変更してもらいたい場合も、相談すれば受け付けてくれます。


このように担当のトレーナーだけでなく、管理栄養士、医師、カウンセラーが一緒になってサポートしてくれるライザップ。これだけ応援してくれる人がいるのだから、ダイエット完遂率が高いのも納得ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA