ダイエットで痩せれたら訪れる5つの未来

太っていても、痩せていても、別に変わりはないと思っていませんか?

だから、ダイエットなんてしなくてもいい、そんな風に考えて、ダイエットをしないままにいる方も多いのではないでしょうか。


太っていても痩せていても変わりはない、という考え方は間違いです。正しいダイエットで理想的な体型を手に入れることができれば、この先訪れる未来が変わります。


逆に「どうせ痩せたって変わらないし」といって暴飲暴食を続けていては、あなたに訪れるはずだった明るい未来が遠ざかってしまうのです。以前は私も太っていました。


子供が産まれ年を重ねていくうちに、痩せてスタイルが良くなる、女性として綺麗になる、という意識が薄れていったように思います。


そんな私もライザップに通い、トレーナーと切磋琢磨していくうちに、「痩せてもっときれいになりたい!」と思うようになりました。


時間と共に自分の体が変わってくるにつれて、太っていたころに比べ様々なことが変化したのです。痩せたらどんなことが変わるのか、どんなうれしい変化があるのかを、私の実体験をもとにご紹介します。


これを読んで、ぜひダイエットへの意欲を燃やしてください。

【ビフォーアフター画像あり】おもちは痩せた!ライザップ成果報告

痩せたらこんな素晴らしいことがある【健康面

まず、一番感じられるのが健康になるということです。正しいダイエットでは、運動で基礎代謝を上げて栄養バランスの取れた食事制限を行うことが大切です。


その2つをきちんと実践して痩せることは、健康維持にとても効果的です。私も痩せたことで健康的になったことを実感しました。


その中でも一番の健康効果は、便秘が解消されたことです。便秘の解消には正しいダイエットで行う適度な運動とバランスの取れた食事は効果的なのだそう。


便秘はお腹がぽっこり見えてしまう原因でもありますから、便秘を解消することはスタイルアップにも役立ちます。


私も太っているときは、炭水化物中心の何も考えていない食事と運動不足のせいで、3日はお通じがないのが当たり前でした。

けれど、正しいダイエットをして、ライザップのトレーナーの方に身体のための食事について教えてもらったことで、便秘も解消されたんです。今では毎朝きちんとお通じがあります。

痩せたらこんな素晴らしいことがある【美肌】

正しいダイエットで痩せることは、肌にも嬉しい効果があります。正しいダイエットでは、適切な運動を行うことと栄養バランスの良い食事をとることが必要になります。


適切な運動や筋トレをすることで、身体の血液の流れが良くなり、新陳代謝が上がります。新陳代謝が上がることで、肌の生まれ変わりも活発になります。また、栄養バランスのよい食事をとることで、暴飲暴食をしていたときよりも肌がきれいになるのです。


私の場合、太っているときは吹き出物ができやすいのが悩みでした。糖分の多い食生活のせいで、肌から吹き出物が消えることがなかったんです。洗顔や保湿には気を付けていたのですが、おでこやほほにポツポツと吹き出物ができてしまっているのが悩みでした。


しかし、ライザップで食生活を改善して、筋トレや運動で汗を流すようになってから、劇的にではありませんが吹き出物ができにくくなりました。今でも生理前などに幾つかできることはありますが、以前のように常に吹き出物がある状態ではありません。


もうひとつ、肌が改善されたと感じたのが、なんとなくですが透明感がでてきたことです。日焼けをしたわけではないのに、肌がなんとなく黄色くくすんできたような気がしていました。


それが、ライザップで痩せていくうちに、「あれ、透明感がでてきたかも?」と感じたんです。理由を調べてみたところ、「糖化」が改善されたからではないかと思います。


糖化とは、肌のタンパク質が糖質によって劣化し、黄色くくすませてしまうことです。糖質は、砂糖だけでなく炭水化物にも多く含まれています。糖質をとりすぎると、肌のタンパク質が糖質と結びつき、劣化したAGEsというものに変化してしまうのです。


糖質を取り過ぎて高血糖の時間が長くなればなるほど、体内のタンパク質がAGEsに変化しやすくなるのだそう。ライザップでは、糖質を限りなく抑えた食事制限を行いました。


それによって、肌の糖化が改善されて、黄色くくすんだ肌に透明感が出たのではないかと思います。

痩せたらこんな素晴らしいことがある【オシャレが楽しくなる】

痩せた時、女性が一番楽しめるのがファッションです。今までは太っていることを理由にきれなかった服も、痩せて自分の体型に自信が持てるようになれば着る勇気が湧いてきます。


大きいサイズよりも選べる選択肢も豊富になり、自分の好きな服を探すのが楽しくなるはずです。私も太っていた時は、まず第一に体型カバーを考えて服選びをしていました。私が一番気になっていたのはお腹周りと太ももです。


ウエストのラインがごまかせるよう、なるべくゆったりしたラインのチュニックなどを好んできていました。ファッション誌やインスタグラムなどを見ていても「これは痩せているから似合う服」「私にはちょっと無理だな」ということばかり考えていたと思います。


ファッションビル系のお店には、Lサイズ以上の服は置いていないので、基本的にはネットの大きいサイズ向けのお店で服を購入していました。そんな私が痩せたあと、一番最初に買ったのはスキニーデニムです。


スキニーデニムは太っていると絶対に着られないアイテムのひとつ。流行りではありませんが、痩せらた穿きたいとずっと思っていました。スカートはデザインを選べばなんとか着こなせると思うんですけど、スキニーデニムだけは絶対に無理だと思っていました。


細身の友達が素敵に着こなしているのをみて、うらやましく思っていました。スキニーデニムを試着して、するっと入ったときは「やった!」という達成感が大きかったです。


痩せて一番うれしかったことがこれかもしれません。ショッピングも楽しくなりました。


以前は、試着しても入らなかったら恥ずかしいな…と思ってしまって、思いっきり楽しむことができなかったんです。ショップによっては、着れるサイズがなくてただ見ているだけになってしまったこともあります。

けれど、今はどのショップに入っても自由に服を選べるので、遠慮せずに買い物が楽しめます。

痩せたらこんな素晴らしいことがある【恋のチャンスが増える】

私は既婚者なのでまったく無縁な話ですが、ダイエットで適度な筋肉で引き締まったボディラインを手に入れられたら、恋のチャンスも増えると思います。見た目は恋のチャンスを引き寄せるために、大きな役割を果たすのです。

恋愛マッチングサービス「Omiai」が行った調査では、男性の約9割が「体型は、異性を好きになったり冷めたりするきっかけになる」と回答しています。ダイエットをして痩せることで、あなたのことを「好きだ」と思ってくれる異性を増やす効果があるのです。


私の知人にもライザップではないのですが、ダイエットに成功した子がいるのですが、太っていたころに比べて男性が優しくなったと言っていました。その子は、太っていた時も男性に意地悪を言われたり、あからさまに差別された経験はなかったらしいのですが、痩せてみると、男性がより自分に優しくなったと感じたそうです。


細かいところですが、話しかけてくれる機会が増えたり、食事に誘われたりと、「女の子」として扱ってもらえるようになったと言っていました。その子がもうひとつ、痩せて大きく変わったと思うのが、合コンでの自分のふるまいだそうです(笑)


太っていた時は、3枚目キャラというか、盛り上げなくっちゃ!おもしろいことを言わなくっちゃ!って思っていたそうです。外見に自信がない分、自分でお笑い要員にならないといけないと考えすぎていたんですね。


けれど、痩せたことで自分に自信がついたからか、お笑いではなく女の子らしいふるまいができるようになったみたいです。痩せたことだけでなく、自分の行動も変わったからか、合コンで連絡先を聞かれることが増えたと言っていました。


ちなみに私の場合、痩せて旦那からの扱いがあからさまに変わったと感じることはありませんが、「痩せたね~」とは言ってくれるので、それだけでも結構嬉しいものです。知り合いのライザップで痩せた既婚者の方は、ダイエット成功後に旦那様からの扱いが変わったと言っていました。


今まではおばさん扱いだったのが、女性としてもう一度意識してもらえたのだそう。ここで重要なのはダイエットの方法を間違ってはいけないということ。

不健康な、断食系の間違ったダイエットでは辛いばかりでギスギスしてしまい、恋のチャンスも遠のいてしまいます。


私はライザップで成功する前に、断食系の食事制限をして失敗したことがあります。その時は、お腹がすいて食べたいのに食べられない、辛いのにぜんぜん痩せないことで、気持ちがイライラしてしまって、周囲に当たってしまっていました。


もちろんそんな感じだと、出会いのチャンスもないし、男性からの扱いが変わったとは感じられないでしょう。合コンに誘われても、ダイエットしているから食べられないし・・と思って断ってしまうのではないかと思います。


今回私がライザップで正しいダイエットをしてみたら、辛いだけでなくやりがいもあるし、自信もつくからか、ダイエット中もいつも笑顔でいられました。そういったダイエットで痩せることが、恋のチャンスにもつながるのではないかと思います。

痩せたらこんな素晴らしいことがある【外出が楽しくなる

太っていると、身体を動かすのがどんどんおっくうになってしまいます。太っていることがコンプレックスの場合、「太っているから」恥ずかしい、「太っているから」できないのではないか、などと考えてしまい、自分に自信が持てないために人目も気になります。


そうやって、どんどん出かけるのが好きではなくなっていくのです。私も同じでした。太っている自分があまり好きではなくて、人に自分の姿を見られるのが嫌いでした。


だから、なるべく無駄な外出はしないようにして、買い物もネットで済ませることがほとんどだったんです。もうひとつ外出を避けていた理由に「歩くとひざが痛い」というものもありました。


ますこし歩いただけでも息切れがしてしまって、それを我慢して歩いていると、ひざが痛くなってくるんです。それで、つい歩くのがおっくうになり、外出するのもなるべく車で済ませてしまっていました。


徒歩5分程度の最寄りのコンビニに買いに行くのも、必ず車でした。ライザップでは私は筋肉トレとともに、有酸素運動(軽いラン)をするようにしていました。


体重が5キロぐらい落ちたころから、走っても息が上がらなくなり、ひざも痛くなくなりました。以前はおっくうだと感じていた最寄りのコンビニに行くのも、「車を運転するのが面倒だから、歩いていこう」と今までとは逆の考え方になったんです。

痩せたら自分に自信が持てる

痩せたら、あなたはどんな気持ちになれると思いますか?「楽しい」「明るい」「うれしい」きっとポジティブな言葉が並ぶと思います。


痩せることは、見た目だけの問題ではありません。あなたのメンタル面にも大きな影響を及ぼすのです。痩せるためには、運動や食事制限などの努力が必要です。しかし、その努力は無駄にはなりません。


「体重」や「ウエスト」など、数字になって目に見える形で努力の結果が表れてくれます。自分の努力が結果として見えてくることで、自分に自信が持てるようになります。


ライザップでは、合計19名の方にライザップメソッドを体験してもらい、開始前と8週間後に心の健康に関する自己評価の質問を行いました。その結果、「自信」「前向きさ」「幸福感」などの項目において、メンタルが改善された結果が出たのだそう。


ダイエットをすることで、メンタルにも大きな影響を与えてくれるのです。私は、今までダイエットに何度も失敗してきました。ダイエットに失敗して、リバウンドするたびに「私は我慢ができない人間なんだ」「もうこれでいいや」「どうせ私なんか。。」と自分のことを感じるようになっていきました。


けれど、今回ライザップでダイエットをしていくうちに、だんだん自信が持てるようになったんです。例えば、トレーニングで「もうダメ!」と思った時、トレーナーさんに「はい、もう1回!もう1回いける!」と声を掛けられてなんとかやり切った時、目標の体重に近づいた時など、なんども達成感を感じることができたからです。


「私にもできるんだ」「痩せられるんだ」と思った時、がんばった自分が好きになれて、自信が持てるようになりました。

ダイエットのための運動をするだけで気持ちも明るくなる

正しいダイエットは、しているだけで気持ちが明るくなる効果もあります。落ち込んでいた時、なんかだるい時、身体を動かすとすっきり心も軽くなるなった経験が一度はあるのではないでしょうか。運動をすることで心が軽く、明るくなることは、科学的にも証明されています。


運動をすると、交感神経が活性化されます。同時に心拍数が上昇し、脳が興奮した状態になります。運動をすると、脳内麻薬の一種であるβ-エンドルフィンが分泌されます。


これはモルヒネと同じような作用をするとされており、気分が高揚したり、幸福感を感じられる効果があるのです。β-エンドルフィンはおいしいものを食べた時にも分泌されます。運動をして、β-エンドルフィンが分泌されることで食欲を押さえることもできます。


次に分泌されるのがドーパミンです。ドーパミンには意欲やモチベーションを上げる効果もあります。最後にセロトニンが分泌されます。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれており、心を安定させる効果があるとされています。


私は太っていた時、嫌なことがあると決まって甘いものを食べていました。ストレス解消をいいわけにして、コンビニでデザートを購入し、食べつくしていたんです。


けれど、食べた後は「また食べ過ぎちゃった…太っちゃうな…」と思って、さらにストレスを貯めていました。ライザップに通っている中で、運動がストレス解消になることを知ったあとは、イライラしたらウォーキングや軽いランニングをすることにしています。


好きな音楽を聴きながら、近所を早足でウォーキングすると、いつの間にか気持ちがすっとしています。運動した自分をほめてあげたくなることで、さらに気持ちも明るくなりますよ。

明るい未来を手に入れるために必要なこととは

痩せることで、あなたの未来は大きく変化します。しかし、ここで忘れてはいけないのが「間違ったダイエット法では未来は開けない」ということです。


間違ったダイエット法とは、断食に近い栄養バランス無視の食事制限だけで行うダイエットのことです。食事制限だけで痩せようとすると、身体に必要な栄養が摂取出来ず、体調を崩してしまう恐れがあります。


さらに、運動をしないため、脂肪だけではなく、筋肉量も減ってしまうのです。筋肉量が減ることにより、基礎代謝といって生きているだけで消費するカロリー量が少なくなります。基礎代謝が減れば減るほど、太りやすい体質になっていきます。


その結果、少し体重が落ちたから、といって食事量を元に戻してしまうとあっという間にリバウンドしてしまうのです。正しいダイエットとは、筋力トレーニングで基礎代謝を上げながら、同時に栄養バランスがよい適度な食事制限を行うことが必要です。

ライザップでは、体重を減らすのではなく、除脂肪体重を増やすことを大切にしています。除脂肪体重とは、体重から脂肪量を引いたもので、筋肉、骨、内臓組織の重量を表すものです。

【パーソナルジム】ライザップのダイエットとは思えない食事制限とは


骨や内臓組織は成人であれば変化はほとんどありません。ですから、除脂肪体重が増えることは、筋肉量が増えることを意味しています。


筋肉量が増えれば、基礎代謝も同じように上がります。基礎代謝が上がれば、同じ食事、同じカロリーを摂取していても痩せやすく、太りにくいのです。


除脂肪体重を増やすには、適切な筋力トレーニングが必要です。ウォーキングや水泳などの有酸素運動とは違い、筋力トレーニングで筋肉量を上げるには、どの運動がどの筋肉に働きかけるか、負荷の大きさなど、さまざまな知識が必要となります。


例えばトレーニングは1セットのみで終えた場合に比べ、2、3セット行った場合は上昇率が大きく違うというデータがあります。しかし、4、5セットに増やしたとしても、上昇値は2、3セットの場合に比べてゆるやかです。

つまり、筋力トレーニングは、2、3セット行うことが一番効果的なのです。ライザップなら、プロのトレーナーが一人ひとりの身長、体重、脂肪量、筋力に応じて、負荷をグラム単位で管理し、2、3セットのトレーニングメニューを組んでくれます。


さらに、トレーナーのサポートを受けたうえで、繰り返し筋力トレーニングを行うことで、約250%も筋活動がアップするというデータもあります。食事面においても、栄養学の知識を持ったトレーナーが、正しい食事制限について指導を行います。


これらプロによるアドバイスやサポートがあるからこそ、2カ月で最大マイナス15キロ、ウエストマイナス13㎝という結果が出ているのです。

ライザップでダイエットに成功した私が伝えたいこと

私は、太っている自分があまり好きではありませんでした。太っているときは「どうせ太っているから」「私なんか」という気持ちが強くて、なにをするにも自信が持てなかったんです。


太っていても、自分が好きで、自分に自信が持てていればいいかもしれないけれど、私は太っているままでは無理でした。けれど、ライザップでダイエットに成功したことで、自分に自信が持てました。


「私もがんばれる」「私にもできる」っていうことを、こんなに強く感じたのは生まれて初めてかもしれません。なにより、自分が好きになれたことで、人生が大きく変わったと思います。


今、色々いい方向に人生が変わり始めているのは、そのことが理由だと思っています。あなたは自分が好きですか?


もし、私と同じように太っていることでコンプレックスを感じて自分に自信が持てないなら、ライザップで未来を変えてみて欲しいと思います。私は、痩せたことで大きく人生が変化しました。


自分を好きになって、素敵な未来を手に入れたいなら、ぜひライザップに足を運んでみて欲しいと思います。

【おすすめパーソナルジム】ライザップについて徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA